• トップ /
  • 幸せを形にした結婚指輪
バックナンバー

二人の大切な結婚指輪

結婚式の時に新郎新婦が誓いの証として交換するのが結婚指輪です。ペアの指輪は「永遠の愛情」を意味していて、大切な人との幸せを形に表したものです。指輪は式後も日常的に身につけるので、装飾が控え目なシンプルな物が選ばれています。左手の薬指にはめるのはギリシャ神話の中で心臓に繋がる血管があると信じられていたからです。そして、心臓には感情が宿るとされていました。心を掴み誓いを強くすると言うもので、まさに夫婦の絆を深めるのが結婚指輪なんですね。

小さな結婚指輪がもたらすもの

結婚指輪は、既婚者であることのさり気ないアピールであったり、いつも心が通じ合っていることの安心感やお守り代わりの役目も果たします。ほんのわずかな面積の小さなアイテムでありながら、その存在感や意味するものは周知の事実であるため大きなものです。また結婚指輪は、男女を問わないアクセサリーとしての役割も果たします。常に自然に身に付けていられるものなので、誰でも気負わずワンポイントのお洒落ができるというメリットもあります。

↑PAGE TOP